長茎術:機能はそのままでサイズアップ。もっと長いペニスの可能性は、あなたにも!

長茎術の特徴

ペニスの悩みにはいろいろありますが、短いことへのコンプレックスを解消するなら、『長茎術』。ペニスはすべてが体の外に出ているわけではなく、体の中でたるんで埋まっている部分があり、この部分を露出させる施術です。
体の中に隠れているペニスの長さには個人差がありますが、一般に非勃起時に1cm〜4cm、勃起時でも1cm〜2cmは長くペニスを体の表面に露出させることが可能。施術時間は、約60分。ペニスの根元を切開して引き出すため、施術跡は毛の中に隠れます。機能面への影響や後遺症の心配はありません。
軽度の仮性包茎の方にもおススメ。ペニスが長くなることで、包茎も同時に治ります。

高須式長茎術

このような方に向いています

  • 短いペニスにコンプレックスを持っている
  • もっとペニスを長くしたい
  • 長くすると同時に仮性包茎を治したい(軽度の方)
  • 半永久的な効果を望んでいる

高須クリニックのこだわり

カウンセリングから施術まで、すべて男性医師が担当
デリケートな陰茎の悩みを、同じ男性として真摯に受け止めます。丁寧なカウンセリングであなたに適切なアドバイスを。高須クリニックには長茎術のプロフェッショナルが揃っているので、安心してお任せください。
痛みを最小限に抑えて、快適施術
高須クリニック独自の痛みをともなわないシール麻酔やクリーム麻酔、特殊な極細の針による注射で局所麻酔をしてから施術を行うので、術中の痛みは少なくて済みます。術後の腫れや痛みもわずかで、施術当日からシャワーもOKです。
高度な技術で自信の持てる仕上がりに
切開も縫合も、時間をかけて丁寧に行うので、傷跡の目立たない自然な仕上がりに。男性同士や女性とのコミュニケーションに、確かな自信をお届けします。

ドクターズボイス

奥田裕章 医師

ペニスが短いために公衆トイレや温泉などで引け目を感じ、女性とのコミュニケーションにも自信が持てないという人は多くいます。ずっとコンプレックスを持ったままで、いいですか? 誰でも長くできる可能性があるので、ぜひ一度カウンセリングを受けてみてください。

施術基本情報

施術時間 約60分
術後の通院 1〜2回
術後の腫れ 強い腫れは1〜2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 当日より可能
入浴 抜糸後より可能
性交渉 約3週間後より可能

長茎術の料金

料金についてはこちらをご確認ください。

お問い合わせ・ご予約(カウンセリング・手術)はこちら